ブログのほう

ゆるゆると思ったことを書く

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

モンスターバースと銘打たれている方のハリウッド版ゴジラ
ゴジラとしては2作目だけど、モンスターバースシリーズとしては3作目。

本当なら一作目からちゃんと書いてくのがきれいなんだろうけど
そもそも自分しか見てないブログなので、その辺は気にせず、見た作品から。
あとCG映画で特撮はほとんど使ってないだろうから、カテゴリも「洋画」が正しいんだろうけど
ゴジラだしってことで「特撮」に。

ということで、未見だった本作を視聴してみた。
ちょうどHuluとprime videoの両方で見れたから、冒頭部分だけ軽く見比べてみたけど
字幕の出し方が少し違うくらいで映像的にはほぼ一緒ね。
画質とかもあまり差を感じなかった。
実のところ、うちの回線速度があまりよろしくない影響もあったのかな?
まぁ、prime videoの方はテレビやPSで見ると立体音響になるらしく
そういう意味ではprime videoの方が凄いってなるんだろうけど
残念ながらPC視聴なので音声もほぼ同じ。

肝心の作品に関しては、洋画にありがちな家族をテーマにした話で
特筆すべき感じは特にない感じだった。
ただ、人間パートは特にって感じではあったけども、怪獣パートの方はしっかり作り込まれていました。
見ていて人間パートにかなりの時間をかけている印象が強かったけれども
そのせいで怪獣に割く時間が短くなっているかというと、そうでもなさそうで
単に2時間半もあったから、それぞれの比重的にはバランス取れてたのかもしれないですね。

 

自分自身、そこまでゴジラとかに詳しいわけではないけれども にわか知識程度しか持たない人間的には、各怪獣が結構丁寧に扱われていたなって思ってます。

まずかなり序盤から出てくるモスラですが
幼虫の時点で日本版よりコワモテというか、なんとなくバトラみを感じる顔。
成虫になってからもちょっとシャープな感じで若干悪そうなデザインをしているんですが
作中の扱いは日本版のモスラとかなり寄せてあって、あくまで地球の守護者として振舞います。
小美人的な人物は存在しないのでそこまで人類との触れ合いはないけれども
作中でちゃんとモスラーヤモスラーの曲が流れるので
モスラっぽい雰囲気はちゃんと保たれてます。
成虫になった時のシーンがとても綺麗。
本当は幼虫vsゴジラも見てみたかったけど、今作では共闘路線なのでお預けでした。

次にキングギドラ
普通に発掘されてるから不安だったけど、ちゃんと宇宙怪獣でした。
モスラともども古代の伝承に残っていて~って展開だったのは、日本の過去作思い返す流れで良かったですね。
結構チート級の能力を持っていて、そらもう地球を壊滅せん勢いなんですが
なんだろう、こうマップ全体にマイナス効果を振りまくけども
直接攻撃だと持ったほどってイメージ。
いや、たしかにゴジラ苦戦したたけども、人間どもはキングギドラの足元をちょこまか動けてて
なぜギドラはそんなチマチマしか暴れないんだろうって思ってしまう部分も。
特に終盤に追いかけっこ的なシーンがあるんですが
激おこ状態のはずなのになぁってくらいの攻撃しか繰り出さない。
実際、大ピンチのはずなんですが、手に汗握るというよりもキングギドラもっと頑張れよと思いながら眺めてしまった・・・
とはいえ全体的にはやっぱり強い怪獣だったし、ゴジラ相手には迫力あったと思います。
あと、それぞれの首が多少の自我を持ってそうで、軽いコミュニケーション取ってるのが少しかわいかった。

ラドン
すげえ派手に登場してくるけども、さすがに他の怪獣と比べると格が落ちるのかな。
人間相手にはかなり器用に戦ってたし、空中戦はかなり好き。
対人間で言えばキングギドラより暴れてたんじゃないかと。
ただし、対怪獣においてやや・・・という感じもあって
クライマックスでは軽く吹き出すような扱いをされていました。
いや、彼のおかげで状況がとてもわかりやすかったんですけどね!

ほんでゴジラ
前作とは違い、後半かなりヒーロー寄りの描かれ方をしています。
この辺も日本のゴジラのリスペクトなのかもしれませんね。
日本のゴジラ見てると、おやおやと思う状態になったりして
本当にゴジラの新作として作ってるんだなって雰囲気がそこかしこにあります。
特につっこみどころもなく、首がない以外はちゃんとゴジラしてた印象。

怪獣以外にも味方側の拠点みたいな感じのSF兵器が出てたんですが
これに関してはいかにもSFっていうロマン兵器ではなくて
現実にありそうな範疇のデザインにまとられていて、最初は違和感なく普通に見てしまった。
途中で大きさに気付いてよくよく考えたらトンデモやん!みたいな。
トンデモのはずなんだけど、怪獣と比べるとそこまで大きくないんだよね。
エースコンバットとかに出てきそう。

と、要素要素の感想はここまでにして
映画全体の感想としては、最初に書いたように怪獣パートは楽しかったけど人間パートが微妙かなって感じ。
怪獣の巨大感とかは凄くよく描かれてて、人間の目からはでかすぎて何してるかわかんなかったり
本当に怪獣が出ているシーンはよく出来てるんだけども、人間側のシナリオにいまいち興味が向かない。
いや、元々の日本のゴジラもそこまでかっていうと怪しいんですけどね。
なのでどこを重点的に評価するかで、凡作か良作かが分かれそうって印象。
個人的には忘れた頃に見返したらまた楽しめそうってことで、わりと良作寄りの手ごたでした。